おすすめ

新着記事

貸渡業

rental

日本におけるレンタカーの始まりは、1949年に始まったとされる。初期はトラブルや事故が多く、すぐに寂れていった。
しかし、1964年に自動車メーカーである「ホンダ」の参入により、トヨタ・日産等の企業が続いて参入した。

1970年代には、単一のメーカーだけではなく様々なメーカーの自動車がレンタルできる店舗も登場した。
近年では、24時間営業や格安店等、様々な特徴を持つ店舗が存在する。

レンタカーは個人で借りることも可能だが、会社として借り入れる事も可能である。
また、貸し出す業者が同じ業者であるのならば、借りた所に返却しなくて良い「乗捨て返却」が可能な所が存在する。

種類

shurui

日本におけるレンタカー業者の種類は、自動車メーカーが設立した「メーカー系」と事業会社が母体となった「独立系」に分けられる。

メーカー系のレンタカー業者は、自動車メーカーやディーラーが出資母体となった形であり、取り扱い車両は出資母体メーカー系になる。
独立系のレンタカー業者は、メーカーやディーラーといった出資母体を持たず、取り扱う車両に関しても様々なものが存在し自由度が高い。

業者の中には、外国産の車両を貸し出す業者も存在する。

車種

レンタカーで借りられる車両は様々なものが存在し、目的に合わせて借りることが可能である。
乗用車ならば、軽自動車やコンパクトカー等や小型セダンから高級車まで多種多様である。
貨物車ならば、軽トラックから4トンクラスのトラック等も存在する。

また、レンタカーに取り付けられている装備は、一般的な車両と比べて違う場合がある。
多くの車両にはカーナビ・ETCが標準で装備されており、カーオーディオも搭載している車両も存在する。